連休中、事務局を開けます。

 介助ボランティアは5月2日時点で104名集りました。

5月3日、山陽新聞の倉敷・総社地域版に「ひまわり号の旅、ボランティア集っ

て」の記事が掲載されました。

介助ボランティアが130名必要なところ定足数に達していないのが現状です。

これまでのボランティアの平均年齢は41歳です。

例年より、かなり若くなっています。

障がい者もボランティアも千光寺公園の坂道を意識して、遠慮されているの

かな?と感じます。

千光寺公園に着けば、屈強な尾道高校ラグビー部と生徒会、そして

尾道福祉専門学校の介護福祉士の卵が40名ほどで全力サポートします。

坂道以外の場面では、尾道ボランティア連絡協議会の方々が支援体制を

整えています。

なので、千光寺公園の坂道の心配は要らなくなりました。

有難いことです。

事務局は連休中の5月7日のボランティア教室開催日、5月14日の

「旅のしおり」発送作業日と5月21日以外は開けて、対応します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kurashiki-himawarigou.com/mt/mt-tb.cgi/172

コメントする

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

この記事について

このページは、ひまわり号を走らせる倉敷実行委員会が2017年5月 3日 22:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「楕円のボールを車いすにかえて」です。

次の記事は「JR倉敷駅、尾道駅との打合せで安全な運行を確立」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Photos

  • RIMG0145 (300x225).jpg
  • RIMG0140 (300x225).jpg
  • RIMG0141 (300x225).jpg
  • RIMG0088 (300x225).jpg
  • onomichi ehigasa(300x221).jpg
  • RIMG0129 (300x225).jpg
Powered by Movable Type 6.3